ファンデーションの肌に対する影響

ファンデーションの肌に対する影響

  • 2014年04月04日
  • Q & A

ファンデーションって肌に悪いですか?

一般的に、ファンデーションには“シリコン”が含まれています。
そのシリコンのせいで、顔の毛穴をふさいでしまうのです。
そのため、毛穴の開きや黒ずみに悩まされる人が多くなってきます。

ちなみにリキッドファンデーションは特に肌の吸収率が高いため、
パウダーに比べたら肌への負担が大きいものになります。

このように肌に負担がかかってしまうものを顔に1日中塗っているということはやはり肌にはよくないですよね。
だからしっかり顔を洗おう!と思ってしまいがちです。

ただ、化粧をオフするときに使用するクレンジングは、こすればこするほど肌にダメージがかかるもの。

クレンジングで肌に負担をかければかけるほど、本来肌に必要な水分・油分が落ちてしまうのです。
だから、洗顔後に「乾燥する」とか、「ヒリヒリする」という現象がおこりやすいんです。

ファンデーション自体も肌が呼吸できない状態なので肌には悪いですが、
ファンデーションだけではなく、それを落とすためにかける肌への負担もよくないということになります。

特に出かける予定のない場合のお休みの日はなるべくファンデーションをつけないことを心がけたり、
クレンジングも、肌に負担のないようなものを選ぶようにするといいですね。