年代別にファンデーションを選定する理由

年代別にファンデーションを選定する理由

ァンデーションは、20代と40代では同じものは使うことができる方は少ないでしょう。
これは、肌質が変化していることを意味します。
アンチエイジングという言葉がありますが、これは老化を遅らせるということです。
いつまでも若々しい肌でいるための理想とされていますが、それでも20年の年月は、肌を変化させます。
毎日つけるファンデーションも、そうした変化に対応することが必要です。
コラーゲン、ヒアルロン酸など、年齢と共に自然に減ってしまうモノは、スキンケアやファンデーションで対処するしかありません。
油分にしても、若いころは脂性肌でしたという方は多いのですが、40代になってもギトギトという方は少ないです。
ちなみに30代の肌は20代の肌に比べて乾燥しています。その理由はコラーゲンが減ってきているから。
だから30代に人気のファンデーションは潤いのあるリキッドファンデが多い傾向にあります。
多分スキンケア製品に関しては、年齢肌を意識する機会は多いと思いますが、その時には、ファンデーションも年齢肌に対応するものをご用意ください。

 

肌の成分が確実に違うことと、若い時とは違う問題点の解決が必要になります。
生活習慣も変わると思いますが、ファンデーションも歳相応のものを使うようにしてみてください。
それこそがアンチエイジングとして大切なことです。
肌の老化を促進させる事の1つに、間違ったファンデーションの使い方もあると言われています。
もちろんファンデーションだけではなく、スキンケア製品全波に言えることです。
肌質が変わる、乾燥しやすくなる、油は減る、と言うのが、加齢と共に起こる肌の変化です。
同じファンデーションでは駄目だということが理解していただけると思います。