ニキビを隠したい!

ニキビ肌には、ミネラルパウダーを!

ニキビは清潔にするのが一番なので本来はファンデーションやメイクはNG。
でも仕事上、メイクをしなくては…(ノД`;)

ニキビを隠すためにクリームやリキッドを使用するのはNG!悪化してしまう恐れがあります。

ニキビにはミネラルファンデーションのパウダーを選びましょう!
ニキビようのミネラルファンデも登場しているので注目★

そんな悩みを全て改善してくれる
ニキビ専用の理想のファンデーションがあるんです!

ニキビ肌には「エトヴォス」が一番!

エトヴォス
ニキビ肌でも安心な大人気ブランド
おすすめ

4.86

セット内容 容量
①ミネラルファンデーション
②下地 ③専用フェイスブラシ
約2週間分

ニキビ肌にエトヴォスが人気の理由

  • にきびが悪化しない!
  • 皮膚科でも採用されている安心感!
  • ミネラル100%で肌に優しい!

>>詳細はこちら

エトヴォスは、ミネラルファンデーション。
オイル、シリコン、ナノ粒子と、肌に悪いものは一切入っていないので、ニキビの上に塗っても悪化しません!
しかも美容皮膚科でも施術後に使われているくらい、専門家も認める肌にやさしいファンデーションです!

おすすめ

4.36

レイチェルワイン

  • お試しセット ¥1,980(税込)
  • ファンデしながらスキンケア
  • ミネラルなので肌に優しい!
  • 紫外線対策もOK!

>>詳細はこちら

おすすめ

3.67

オンリーミネラル

  • お試しセット ¥3,980(税込)
  • ブラシ一体型で持ち運び便利!
  • オイル、防腐剤フリー!
  • 肌のことを考えたミネラルファンデ!

>>詳細はこちら

ニキビ肌におすすめなのは「エトヴォス」

界面活性剤がフリー!
→ニキビの原因となる、「合成界面活性剤」、「オイル」、「防腐剤」、「香料」が入っていない!
100%天然ミネラル成分だから肌に優しい!
肌に負担がかからないので、つけたままでも寝られるほど!

ニキビ肌は、なるべく肌に負担をかけないことが大切!
より肌に負担の少ないファンデーションを選びましょう!
ミネラルファンデーションの中でもニキビ肌にも優しい「エトヴォス」が一押しです!

ニキビ肌に注意すること

20代のニキビは主に「大人ニキビ」と呼ばれるもの。 大人ニキビの原因として、メイクなどのせいではなく、仕事上やプライベートのストレスや、不規則な生活が原因となることが多いです。

慢性的なニキビの方は、「汚れや脂を落とすためにちゃんと顔を洗わないと。」と、洗顔の回数を増やしたり、ゴシゴシと力を入れて洗いすぎたりする傾向にありますが、それはNG!顔の洗いすぎは逆にニキビを悪化させてしまいます。

確かに顔を清潔に保つことは大切。汚れや皮脂を落とすことはしっかりと行ったほうがいいことです。

しかし、一生懸命、何回も洗ったからといって、よく落ちるなクレンジングや洗顔を使ったからといって、汚れがスッキリと落ちているわけではありません!逆に必要以上に洗ってしまうと、本来は必要な皮脂も一緒に落ちてしまうために、肌が乾燥してしまうのです。。

ですから、肌を清潔に保つことは大事ですが、洗いすぎには注意! そして洗顔やクレンジングを見直してみることも大切です。

ニキビ肌にファンデーションを塗ってもいいの?

ファンデーションは、ニキビ肌にも必須です。 できれば、化粧をしないのがベストですが、そうはいかないかもしれません。 しかし、ニキビの上にファンデーションは、かえって悪影響ではないかと思うところですが、大人ニキビの原因は、たいていはホルモンバランスとされています。

ファンデーションの余計な油分は避けたいですが、ファンデーションの存在そのものは必要とされています。 そこで、ニキビ肌の方に適したファンデーションは、油分が少ないものが良いでしょう。 脂性肌の方と同様にパウダーがお勧めです。

それを厚塗りではなく、毛穴に注意しながら、抑えるように塗るのがポイントです。 そして、ニキビは、外部からの刺激にも敏感です。 ファンデーションのスポンジは毎日洗っていますか?

特にニキビが発生している時には、常に清潔なスポンジを使用するように心がけてください。 これに気をつけただけでも、ニキビを作らない、ひどくしないことになります。 ニキビ肌のファンデーションとして、最適なのが油分が入っていないミネラルファンデーションです。

最近耳にすることが多いミネラルファンデーションは、肌に良い成分しか入っていませんから、肌に刺激を与えません。 ニキビ肌には、こういうものが欲しかったという内容になっています。 ニキビの中でも大人になってからの大人ニキビに関しては、なかなか治らないとされています。 自分で無理と思った時には、医師に相談をして、にきび治療を始めてみてください。